甘皮の処理の仕方


爪を整えられたら甘皮の処理も忘れずにしましょう。
この甘皮の処理はするのとしないのとでは、ネイルの仕上がりがまったく変わってきますので。
必ずするようにしましょう。

甘皮の処理ですが、そもそも「甘皮(あまかわ)」というのは
爪の付け根の部分にある薄い皮のことです。
自分の詰めをよ~く見るとわかると思います。
この部分をキレイに取っていくわけです。
甘皮の処理をしておくと、爪も健康になるんです。
二枚爪の予防にもなりますからぜひやってみてください。

まずは甘皮をふやかしましょう。
ハンドクリームでいいので甘皮の部分に塗ります。
そしてぬるま湯に指をつけて2~3分ほど待ちましょう。
そうすることで甘皮がふやけます。

次に、これも100円ショップでも売っているウッドスティックに
コットンを巻きつけてつくった通称コットンスティック。
これを水で濡らして甘皮を押していきます。
爪の根元に向かって押していきましょう。
その甘皮をキューティクルニッパーで切っていきましょう。
そのあとはオイルを塗って保湿をして終わりです。

面倒くさいと思う人は、お風呂に入った時に甘皮の処理をする人も多いようです。
お風呂に入ってしばらくすると皮膚はふやけてきます。
そこで、自分の爪で甘皮をぐっと押し上げるとわりと簡単に取れるそうです。
でも、あまり力を入れずぎて爪を傷つけないようにしましょう。
取りきれないものは爪切りやキューティクルニッパーで切りましょう。
これができたらマニキュアを塗っていきます。