マニキュアを塗ろう


では爪がきれいに整ったのでマニキュアを塗っていきましょう。
といっても、自分でネイルをするとすぐに取れてしまうという悩みがよくあります。
これはしっかりベースをするかしないかで変わってきますので
今からその方法をご紹介したいと思います。

まずは、意外としないことなのですが、除光液で爪の油分を取っておくことです。
爪には実は皮脂汚れが付着しているのです。
これを残したままマニキュアをするとはじく原因になってしまいます。
ですから、除光液できれに汚れを取ってきましょう。

次にベースコートを塗りましょう。
爪が色素沈着しないようにコーディングする他、
爪の表面を整える効果があります。
爪の上面はもちろんですが、断面の部分にも塗ることを忘れずに。

そしてマニキュアを塗ります。
マニキュアはなるべく素早く塗ることが大切です。
すぐに乾いてしまうものですから、ゆっくり塗るよりもさっと塗ってしまった方がきれいに仕上がります。
筋ができないようにマニキュアの量と筆を上手に使って塗りましょう。
ちょっと筋ができてしまっても大丈夫。
しばらくするとマニキュア同士がなじんできますので
かえっていじらない方がきれいに仕上がることも多いです。
この時に爪の断面の部分も塗ることを忘れないように。

1度目が乾いたら2度目を塗りましょう。
しっかり乾いたら完成です。
これもしっかり乾かしてください。
1度目はわりとすぐに乾きますが、
2度目はそう簡単には乾きません。
しっかり乾かないうちに何かをしようとすると傷ができてしまいますので、
十分に乾かして仕上げてくださいね。それからトップコートで仕上げて完成です。